macOSをインストールできるUSBメモリを作成する方法

macOSをインストールできるUSBメモリを作成する方法PC

macOSは、インストールメディアがなくてもインターネットからインストールできるが、インストールするMacにインストールできる最新のmacOSをインストールされるため、ダウングレードしたり、周辺機器やアプリに対応している古いmacOSをインストールするには、USBメモリにmacOSがインストールできるメディア作成する必要があります。

必要なもの

  • 容量が16GB以上のUSBメモリや、外付けSSDもしくはHDDでも可
  • インターネット接続環境

macOSをインストールするためのUSBメモリは14GB以上が必要なので、実質16GBのUSBメモリを使います。

そして、数ギガバイトあるmacOSをダウンロードする必要があるのでインストール接続環境が必要です。テザリングでもできますがダウンロードに時間がかかるので、Wi-Fi環境があるところが良いでしょう。

インストールメディアを作成する注意点

  • App StoreでmacOSをダウンロードできないとインストーラーは作成できません
  • USBメモリはインストーラー作成前に初期化されます

App StoreからmacOSをダウンロードしてインストールメディアを作成するので、例えばCPUがM1搭載をしているMacでは、macOS12以下のmacOSがApp Storeでダウンロードできないので、macOS12以下のmacOSインストールメディアを作成できません。

できれば、macOSをインストールするMacでmacOSをダウンロードしてから、インストール用のUSBメディアを作成すると良いでしょう。

USBメモリにmacOSのインストーラーを作成する方法

USBメモリにmacOSのインストーラーを作成する方法
  1. App StoreでmacOSをダウンロードする
  2. USBメディアを接続して、分かりやすい名前を変更する
  3. ターミナルアプリでコマンドを入力してUSBメモリにmacOSのインストーラーを作成

macOSをダウンロードする

App StoreからmacOSのイメージをダウンロードするので下記リストからクリックしてダウンロードします。macOSのバージョンによってURLが違うので注意してください。

macOSのイメージをダウンロードしないと、USBメモリにインストーラーを作成できません

USBメモリの名前を変更する

USBメモリを接続します。

デスクトップやFinderに表示されたUSBメモリの名前を「USB」に変更します。

USBの名前を変更しないと次のコマンドでコードをコピペして使うことができません

ターミナルアプリでコマンドを入力する

ターミナルアプリで、「createinstallmedia」コマンドを使ってUSBメモリにmacOSのインストーラーを作成します。

USBメモリの名前を変更したら、下記のコマンドをターミナルアプリにコピペして使うことができます。

macOS Monterey(macOS 12.0)

sudo /Applications/Install\ macOS\ Monterey.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/USB

macOS Big Sur(macOS 11.0)

sudo /Applications/Install\ macOS\ Big\ Sur.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/USB

macOS Catalina(macOS 10.15)

sudo /Applications/Install\ macOS\ Catalina.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/USB

macOS Mojave(macOS 10.14)

sudo /Applications/Install\ macOS\ Mojave.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/USB

macOS High Sierra(macOS 10.13)

sudo /Applications/Install\ macOS\ High\ Sierra.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/USB
  1. 上記のコマンドを入力、もしくはコピペしたら、「return」キーを押します。
  2. パスワードが求められるので、管理者のパスワードを入力して「return」キーを押します。
  3. プロンプトが表示されたら、「Y」キーを押して「return」キーを押します。
  4. USBメモリが初期化されて、USBメモリにインストーラーの作成は始まります。
  5. 作成には、しばらく時間がかかるので待ちます。
  6. インストーラーの作成が終わったら、完了のメッセージが表示されるのでUSBメモリを取り出します。

トラブルシューティング

USBメモリにインストーラーが作成されないときの原因と対応を紹介します。

コマンドを入力しても、USBメモリにインストーラーが入ってないとき

  • macOSのイメージがダウンロードできてない
    →上記のリンクをクリックしてApp StoreからmacOSのイメージをダウンロードしてください。
  • USBメモリが接続されてない
    →USBメモリを接続してください。
  • USBメモリの名称が変更されていない
    →USBメモリの名前を変更を「USB」に変更してください。
タイトルとURLをコピーしました