M1とインテルのmacOSをリカバリー(再インストール)する手順

macOSをリカバリー(再インストール)する方法PC

Macをリカバリー(再インストール)する方法を紹介します。

動作が不安定になったり、新しくMacを購入して下取りに出すときなどMacを初期化するときにリカバリー(再インストール)します。

そして、Macはネットから最新のmacOSを直接ダウンロードしてインストールできるので、ネット環境があれば簡単にインストールできます。しかし、ダウングレードや周辺機器に合わせたmacOSをインストールするには、事前にUSBメモリなどにmacOSのインストーラーを作成してインストールできます。

そこでこちらに、USBメモリでmacOSインストーラーを作成する方法を紹介しているので、作成するときは参考にしてください。

リカバリーモードで起動するには

搭載されているCPUによって起動方法が使うので注意しましょう

インテルCPUか、アップルシリコン(M1)なのか調べる方法

Macに搭載されているCPUが、どちらのCPUなのか調べる方法を紹介します。

デスクトップ左上のアップルのアイコンをクリックして、「このMacについて」を選ぶと下記のウィンドウが表示されます。

プロセッサの項目があれば、インテル製CPUが搭載されており、チップの項目があればアップルシリコン搭載のMacです。

インテル製CPU搭載Macの表示内容
アップルシリコン搭載Macの表示内容

Intel CPU搭載のMac

Intel製CPU搭載Macのリカバリーモードのショートカットキー
  1. command と R キーを同時に押して電源を入れる
    インストーラー経由でmacOSをインストールするときは、option + command + R キーを押します
  2. アップルのロゴが表示されるまでキーを押したままにする
  3. しばらくするとリカバリーモードで起動します

Apple Silicon CPU搭載のMac

アップル シリコン CPU搭載Macのリカバリーモードのショートカットキー
  1. アップルシリコン搭載のMacでは、電源ボタンを電源が入っても押したままにします
  2. 「オプション」が表示されたギアのアイコンをクリックして「続ける」をクリックします
  3. アップルのロゴが表示されてmacOSに登録されているユーザアカウントが表示されます
  4. ユーザアカウントを選んでパスワードを入力するとリカバリーモードが起動します

リカバリーモードで起動できないときの対処方法

Apple製のキーボードを使う

ショートカットキーを押したまま起動してもリカバリーモードで起動しないときがあります。

そのときは、Apple製のキーボードを使ってしてショートカットキーを押してMacを起動するとリカバリーモードで起動できます。

純正のキーボード以外のHHKBなどでは、ショートカットキーを押しても通常起動することがあるので注意しましょう。

タイトルとURLをコピーしました