ワード、エクセル、パワーポイントなどのOfficeを使う方法と安く買うには【iPad・iPhone】

iPadやiPhoneでワード、エクセル、パワーポイントPC

iPadやiPhoneなどでワード、エクセル、パワーポイントなどのOfficeを使う方法を紹介します。

ワード、エクセル、パワーポイントは、マイクロソフト社のOfficeを構成する1つのソフトウエアです。個別でも使えますが、基本的にはOfficeのセットとして購入して使うソフトウエアです。

iPadやiPhoneで使えるOfficeの種類

アプリ版(iOS、Android、Mobile)

iPadやiPhoneでは、アプリをダウンロードして使うことができます。

しかし、アプリは画面のサイズが10.1インチ以上になると無料で文字を入力したり編集することができないようになっています。

画面サイズが10.1インチ以下のiPadやiPad miniは、マイクロソフトアカウントを作成してログインすれば無料で使うことができます。

データは、マイクロソフトのOne DriveかiPadに保存できます。

Web版(Office on the web)

ブラウザで使うことができるWeb版のOfficeがあります。Web版の正式名称は「Office on the web」です。

マイクロソフトのアカウントを作成してログインすれば、iPadやAndroidのタブレット、パソコンなどでも無料で使うことができます。

iPadは、どのサイズでも無料で使うことができます。

データは、マイクロソフトのOne Driveに保存されます。

種類のまとめ

iPadを例にOfficeの種類をまとめてみました。

そして、ここで重要なのはアプリ版のワード、エクセル、パワーポイントは無料も有料も簡易編集しかできません。パソコン版ではフル機能使えますが、アプリ版もWeb版も機能が制限されたバージョンになります。

iPadで使えるOfficeの種類

機能の違い

iPadで使えるアプリ版のOfficeやWeb版のOfficeもパソコン版のOfficeに比べると機能制限があります。フル機能で編集した場合はパソコン版を使うことになります。

そして、機能制限は編集だけでなく閲覧でも動画が種類によって再生できないなどもあります。

使える機能として多い順でいくと、パソコン版(フル機能)、Web版(Office on the web)、アプリ版になります。アプリ版は簡易的なものとして認識しておくと良いです。

詳しく機能を確認するには、公式の機能比較があるので確認にしてください。

PowerPoint 機能の比較

Word 機能の比較

データの保存

アプリ版やWeb版で作成したワード、エクセル、パワーポイントのデータは基本的にマイクロソフトのクラウドストレージである「One Drive」保存されます。

One Driveは、インターネット上にデータを保管できるので、スマホでモバイル版のOfficeを使え閲覧したりメールで送ったり、共有してダウンロードしてもらえるようにできるので、USBメモリにデータを入れて持ち歩く必要もありません。

しかし、無料でOne Driveを使える容量は5Gバイトなので、動画などを含んだデータが多いとたくさん保存できません。

そこで、有料のサブスク版のOfficeを契約しておくと、200倍の「1T(テラ)バイト=1000Gバイト」まで使うことができるので、容量不足になることがないでしょう。

有料のOfficeはどれが安いか?

Officeは買取型の永続ライセンスと年間や月ごとで利用できるサブスク型の2種類があります。

しかし、永続ライセンスではiPadやiPhone、Androidのタブレットで使うライセンスが付属していないので、サブスク一択になります。

契約は年間のものと少し割高になりますが月ごとの契約もありますが、仕事などで長く使うなら年間タイプのものが良いでしょう。

そして今回は、ワード、エクセル、パワーポイントが使える一番安いタイプの「Microsoft 365 パーソナル」で価格を比較します。

マイクロソフトの価格

Officeのサブスクや永続ライセンスの購入はマイクロソフトから直接購入することができます。

年間契約をした方が毎月より安くなるので、仕事などで長く使うなら年払いを選ぶと良いでしょう。

期間限定で使うなら、月払いが良いでしょう。

年払い12,984円(月払いより年間2,424円安い)
月払い1,284円(年間15,408円)

Officeを一番安く買う方法

Officeのサブスクはマイクロソフト以外でもアマゾンなどで購入することができますが、パッケージ版(プロダクトキーが印刷されているカード)と、オンラインコード版(購入後にすぐにプロダクトキーを確認できる)があります。

どちらも機能は一緒なので安い方を購入すると良いでしょう

アマゾンでの価格(2022年1月13日時点)

パッケージ版12,980円
オンラインコード版11,682円

オンラインコード版の方がパッケージ版より1298円安くOfficeを一番安く購入できます。

アマゾンでオンラインコード版を購入すると、アカウントサービスから「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリー」からプロダクトキーを確認することができるので、プロダクトキーを紛失する可能性がないので、便利です。

タイトルとURLをコピーしました