買い方を知りたい!ローソン「マチカフェ」のコーヒー

【マチカフェ】コンビニ「ローソン」コーヒーの買い方・注文方法食事

一杯ずつ挽いて淹れてくれるコンビニのコーヒーは今では当たり前になりましたが、どうやって買ったら良いのか?と悩んでいる方へ購入方法を紹介します。簡単に購入できるので、ローソンをコーヒーを楽しんでくださいね。

ローソンは2011年1月からコンビニコーヒーの販売を開始しました。そして、2017年からは「マチカフェ」のブランドでスタッフ(店員)が作って提供するサービスを開始しています。

しかし、最近改装したローソンではコーヒーマシンを導入して他のコンビニと同じようにセルフサービスで淹れるスタイルに変わりつつあります。

「マチカフェ」ローソンコーヒーの特徴

マチカフェ ホットコーヒーSサイズ

マチカフェの特徴は、コーヒーのサイズや種類、紅茶などメニューが豊富で、健康に配慮しているのが特徴です。

ローソンのカフェインレスコーヒー

コーヒーに含まれるカフェインを約97%カットしたカフェインレスコーヒーを販売しているのもローソンのコーヒーの特徴です。
カフェインレスコーヒーは通常のコーヒーと比べて、妊婦中・授乳中に優しく、胃もたれや睡眠の影響なども配慮しているので、夜などでも気にぜず飲みやすいコーヒーです。

タンブラー持参で10円割引

また、タンブラーを持っていくと、一部対象外のメニューもありますが10円引きで購入することができます。

保温性の高いタンブラーを持参して入れれば温かいコーヒーをいつでも飲むことができ、ローソンのスイーツと一緒に味わうのもいいですね。

コーヒーを店員が作ってから手渡し

ローソンのコーヒは、通常のカフェを意識してお客さんとの会話(コミュニケーション)を行うことや、コーヒーマシンの操作が苦手な方やシニアなどに喜ばれるためスタッフ(店員)が作って渡す、手渡し式の提供を行っています。

また、商品知識や接客力などを本部が認めた「ファンタジスタ」や「グランドファンタジスタ」制度があり、コーヒーの提供の仕方などの試験や審査、接客ノウハウの共有などを行って品質の向上に努めています。

スポンサーリンク

マチカフェのコーヒの買い方

セルフでコーヒーを作る店舗でのコーヒーの買い方

  1. ホットコーヒーもアイスコーヒーも、レジで注文してカップを受け取ります
  2. コーヒーマシンで注文したコーヒーを、タッチパネルを操作して作ります
  3. コーヒーが入ったら、砂糖やコーヒーフレッシュを入れてカップに蓋をしてコーヒーの完成です

店舗のスタッフがコーヒーを作ってくれるとき

最近はスタッフが作ってくれる店舗は減ってきましたが、アイスコーヒー・ホットコーヒーのどちらもレジで注文すると、お店のスタッフが作って出来上がったコーヒーを受け取ります。

マチカフェ フローズンパーティー

フローズンパーティーのカップは冷凍ケースに並べてあるのでアイスコーヒーと間違えないでくださいね。

スタッフ(店員)に注文する

ほとんどの店舗では、ホットコーヒーもアイスコーヒーもレジで注文するとスタッフ(店員)が作って出来上がったものを提供してくれます。出来上がるの待つだけで楽ですが、混み合ってる時などは時間がかかる場合があります。

セルフサービスの場合

一部の店舗ですが、新しく改装された店舗などではセルフのコーヒーマシンが導入されています。
コーヒーの豆は店員さんが入れるコーヒーと同じらしいですが、少し味が違うと言われてます。

コーヒーマシンの操作方法

マチカフェのコーヒーマシン

コーヒーマシンはレジの横に設置されていることが多いです。

カップをセット

最初に、レジで受け取ったカップをコーヒーマシンにセットします。

マチカフェのメニュー

メニューはタッチパネル式の画面になっていて、オレンジ色がホットメニューで、青色がアイスメニューになっているので、ホットを作りたいときはオレンジ色のところを押します。

マチカフェのメニュー2

ホットメニューを選んだら、コーヒーやカフェラテといった種類を選びます。

マチカフェのメニュー3

最後にサイズを選びます。これで、画面の操作は終わりです。

マチカフェ進捗状況

サイズを選ぶと、メニューが表示されてコーヒーマシンが動き始めます。画面の中央には、円でどれくらいの進捗状況が確認できるようになっています。

コーヒーが作られる

一杯ずつ豆を挽いて淹れてくれます。

コーヒーが完成したら、取り出して、好みで砂糖やコーヒーフレッシュを入れて、ふたを付けたら完成です。

アイスコーヒーは、真空断熱カップで保冷!

アイスコーヒーは、真空断熱カップに入れておくと、数時間は保冷できてカップの氷が溶けないので冷たいコーヒーを楽しむことができます。

また、カップに付いた水滴は保冷カップの中に落ちるので、水滴でデスクや車のドリンクホルダーが濡れたり、汚れることがありません

夏やアイスコーヒーが好きな方は、デスクや車に1つ入れておくと良い便利グッズです。

スポンサーリンク

キャラメルマキアートの作りかた

マチカフェのキャラメルマキアート

マチカフェのキャラメルマキアートなど、ポーションがカップに付いてくる場合は、最初にコーヒーマシンで入れた後に、ポーションを開けて入れると完成です。

そして、苦いコーヒーが苦手な方はポーションを入れた後に、マドラーで混ぜておくとコーヒーの苦味が抑えられるので、おすすめです。

「マチカフェ」ローソン(コンビニ)コーヒーのメニュー

マチカフェ コーヒーマシン

ローソンのマチカフェは、店員さんがコーヒーマシンを操作するので豊富なメニューが特徴です。コーヒーだけではなく、紅茶やウーロン茶などもあります。

メニュー

マチカフェのメニュー
メニュー販売価格(税込み)
ホットコーヒー S100円
ホットコーヒー M150円
ホットコーヒー L180円
メガホットコーヒー270円
カフェインレスコーヒー S(ホット)150円
メガアイスコーヒー270円
アイスコーヒー S100円
アイスコーヒー M150円
アイスコーヒー L270円
カフェインレスアイスコーヒー M200円
カフェラテ M150円
カフェラテ L180円
メガホットカフェラテ270円
カフェインレスカフェラテ M200円
アイスカフェラテ M170円
メガアイスカフェラテ310円
カフェインレス アイスカフェラテ200円
ダブルエスプレッソラテ M200円
アイスダブルエスプレッソラテ200円
カフェモカ210円
アイスカフェモカ210円
ミルクココア180円
アイスミルクココア180円
ダージリン180円
アイスアールグレイティー180円
メガアイスアールグレイティー330円
ロイヤルミルクティー210円
アイスミルクティー210円
メガアイスミルクティー390円
ホットミルク130円
アイスミルク150円
ほうじ茶ラテ210円
アイスほうじ茶ラテ210円
抹茶ラテ210円
アイス抹茶ラテ280円
マチカフェ コーンスープ150円

コーヒーの味

ローソンのマチカフェのホットコーヒーは、他のコンビニのコーヒーをと比べて酸味が強いようです。また、出来上がったばかりのコーヒーは熱めなので寒い屋外などで飲むにはおすすめです。

コーヒーの量

ローソンのマチカフェは、SMLの各サイズ以外にMサイズの倍になるメガサイズまで、たくさんの種類のメニューが特徴です。

メニュー内容量
ホットコーヒー S約160ml
ホットコーヒー M約250ml
ホットコーヒー L約300ml
メガホットコーヒー約500ml(ホットコーヒー Mの2倍)
アイスコーヒー S約240ml
アイスコーヒー M約295ml
カフェラテ M約170ml
カフェラテ L約230ml

他のコンビニコーヒーの買い方を紹介

ローソン以外でのコンビニコーヒーの買い方を紹介しています。

まとめ

今まで店員さんが作ってくれていましたが、最近改装した店舗では、コーヒーマシンが設置される場合が多くなりました。

これからも、コーヒーマシンが増えていくかもしれませんが、タッチパネル式でメニューで色分けされているので、操作は分かりやすいですから、操作を覚えておくと良いですね。

これから、一杯ずつ挽いて淹れてくれる美味しいコーヒーを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました