エクセル

エクセルで合計を計算するSUM関数と裏技を紹介

2022-06-23

エクセルで合計を計算するSUM関数と裏技を紹介

SUM関数の使い方

SUM関数は、選択した範囲の合計を算出してくれる便利な関数です。

合計は半角の「+」記号で式を作っても計算できますが、表などの連続したセルの合計を計算するには、SUM関数を使うと一発で合計を計算してくれます。

SUM関数を使えば、範囲をマウスで選ぶだけなので、1つずつ「+」記号で式を入力するよりも、入力ミス防止になり、作業スピードアップします。

基本的な使い方

  1. 合計の計算結果を表示させたいセルを選択する
  2. ホームタブの「オートSUM」ボタンをクリックする
  3. 算出範囲のセルをマウスでクリックしたまま選んで点線で囲む
  4. 範囲を選び終わったら、「Enter」キーを押して合計を算出させる
エクセル コマンドタブ オートSUM

「オートSUM」ボタンは、「ホームタブ」のコマンドにあるシグマのアイコンです。

ボタンが表示されてないときは、ホームタブをクリックすると、コマンドが表示されます。

エクセル オートSUM

「オートSUM」ボタンをクリックすると、関数と計算範囲が自動的に選ばれて表示されます。

点線の範囲内が計算する要素になります。範囲を変更したいときは、マウスで範囲を選び直す事ができます。

範囲は、連続した縦でも横でも選んで合計を算出することができます。

計算範囲の確認方法

オートSUMの計算範囲を確認するには、計算結果が表示されているセルを選んで、キーボードの「F2」キーを押すか、セルをダブルクリックすると、範囲がカラーで表示されます。

エクセル オートSUM

計算範囲を選び直す方法

計算範囲を選択ミスしたり、表を修正したりして計算範囲を変更したいときの方法を解説します。

  1. 計算結果を修正したいセルを選択する
  2. 数式バーの「関数挿入」ボタンをクリックする
  3. 関数の引数に選択範囲を選び直します
  4. 「OK」ボタンをクリックして修正を完了
エクセルの関数挿入ボタン

「関数挿入」ボタンは数式バーの左にある「fx」と表示されているボタンです。

エクセル オートSUMの修正

「関数の引数」が表示されたら、マウスで範囲を選ぶと引数「数値1」の範囲が変更されます。

そして、「関数の引数」ウィンドウが邪魔で範囲を選ぶのが難しいときは、数値1の右にある「↑」ボタンをクリックすると範囲まで、ウィンドウが小さく表示されて選びやすくなります。

SUM関数の裏技:離れたセルでも合計の計算ができる

SUM関数は、連続したセルを選んで合計を計算しますが、実は連続してないセルでも合計を計算できます。

その方法とは!

範囲を選ぶときに、キーボードの「Ctrl」キーを押したまま、マウスで計算したい範囲をクリック!

離れたセルを選ぶと、選択した範囲を半角カンマで区切って指定されます。そして、区切りは最大255個まで指定できます。

エクセルのオートSUMの裏技

「Ctrl」キーを押したまま、マウスで計算したい範囲をクリックしながら選びます。

SUM関数を使ってエラーを回避する

簡単な合計を計算するときは、数式に半角「+」記号を使って数学的に計算式を作ることがありますが、セルに文字列などが入力されていると「#VALUE!」を表示されて計算できないときがあります。

しかし、SUM関数を使って合計を計算すると、文字列があっても数値のみの合計を計算してくれてエラー表示されません。

SUM関数を使うとエラーを回避できる!

エクセルで簡単な合計式

半角「+」記号を使って合計を計算した式

計算する要素に文字列が入力してあると、エラー表示されて計算されません

エクセルでオートSUMの合計式

SUM関数を使って合計を計算した式

文字列があるセルを参照してても、文字列は無視されて数値のみ計算されるので、エラー表示されません

エクセルで関数を使った合計値の違い

3月の売上が無く、文字列を入力した表の計算をしたとき、関数を使った計算式では、文字列は無視されてエラー表示されません。

関数を使うと計算結果にエラーが表示されないので、トラブルを回避できます。

簡単な合計の計算でも関数を使うことを、おすすめします。

まとめ

SUM関数を使えば、連続したセルの合計を計算するが素早く正確にできて、マウス操作だけでキーボードを使わずにできるので作業のスピードが早くなります。

また、計算範囲に計算できない文字列などがあってもエラー表示されないので安定した結果を期待できるので、簡単な計算でも使うことをおすすめします。

-エクセル