エクセル

【超初心者向け】Excel(エクセル)のセルと、セルの場所を理解しよう

2022-08-02

Excel(エクセル)のセルについて

Excel(エクセル)のセルとは

エクセルには、たくさんのマスをセルと呼びます。

セルとは細胞の意味があり、セルが組み合わさってエクセルが作られています。

エクセルのセル

エクセルのマス=セル

ちなみに、現在のエクセルのセルは、1シートに16,384 列、1,048,576 行あります。

計算式でセルの位置を指定するには

エクセルのマスを、セルと呼ぶことが分かりましたが、計算するときに、どこのセルのデータを使うのか場所を指定する必要があります。

そこで、セルの場所を指定する方法を紹介します。

エクセルのセルの場所を解説

エクセルは、セルの上側と左側にアルファベットと数字が表示されています。

上側のアルファベットは列を表し、数字は行を表していて、列と行の組み合わせでセルの位置を指定します。

セルは、列と行の組み合わせで場所を指定します。

新しいエクセルを開いたときは、A列の1行目が選ばれた状態になっていて、緑色の少し太い線でセルが囲まれています。

エクセルでA列の1行目のセルは、A1となっており、上の画像にある黄色の場所のセルは、D列の6行目なので、D6になります。

きみどり色のセルは、C列の8行目なので、C8となります。

セルの範囲(複数のセルを指定するとき)

一つのセルの場所をしていする方法は分かりましたが、表のように一覧データになっているとき、複数のセルの範囲を指定する方法を紹介します。

複数のセルを指定するとき

複数のセルを指定するとき、マウスでドラッグすると簡単に複数のセルを指定することができます。

しかし、手入力で計算式などに複数のセルを指定するには、最初セルと最後のセルの場所の間に半角でコロンを入れると指定します。

上の画像は、B2からC12までのセルが選ばれていますが、手入力するときは、「B2:C12」と入力すれば指定できます。

最初セルと最後のセルの場所の間に、半角でコロンを入れると複数のセルを指定できる

まとめ

エクセルの一つ一つのマスをセルと呼び、セルは列と行で場所を指定できます。

少しずつエクセルの名称を覚えて使いこなせるようになりましょう。

著:富士通エフ・オー・エム株式会社
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場

-エクセル