宅録ナレーションの録音ソフトはどれがいい?録音ソフトを紹介

宅録ナレーションの録音ソフトは?おすすめの録音ソフトを紹介サウンド

ナレーションを、録音するのにソフトはどれがいいのでしょうか。録音ソフトは、無料や有料のものがあり、種類もたくさんあります。

録音ソフトを選びは、初期投資やソフトの操作方法、録音や編集などの作業時間が変わってくるので、録音ソフトを選ぶことは重要です。失敗しない録音ソフトを選びましょう。

録音ソフトの種類

宅録ナレーションの録音ソフトの種類

パソコンに合わせた録音ソフト

録音ソフトは、Windowsだけでしか動作しないソフトや、Macだけでしか動作しないソフト、WindowsとMacのどちらでも動作するソフトがあります。

録音に使うパソコンによって使えるソフトが違ってくるので、パソコンのOSを調べておき使えるソフトを選びましょう。

オーディオエディタとDAW

録音ソフトは、大きく分けるとオーディオエディタとDAWの2種類があります。

オーディオエディタとは

オーディオエディタとは、ナレーションなど音声を録音するだけでシンプルで分かりやすい録音ソフトです。シンプルな録音ソフトなので、音質を調整したり、ノイズを除去する機能などはありません。

DAWとは

DAW(Digital Audio Workstation)は、録音トラックが複数作れて、録音、編集、ミキシング、編曲など一連の作業ができるソフトです。ナレーションをいつくか録音して、ベストなテイクを後で選んで編集したり、ナレーションを以外のBGMを重ねたりしてボイスサンプルなどを作ることできる録音ソフトです。

そしてDAWは、宅録の一番敵であるノイズを除去するソフトを組み込むことができます。

収録中に入ったノイズを除去すると高音質なナレーションになるので、お仕事でナレーションを録音するならDAWを使うことを、おすすめします。

主なノイズの種類
  • リップノイズ
  • ポップノイズ
  • ブレス(息継ぎ)
  • ホワイトノイズ(サー…という雑音)
  • ペーパーノイズ
  • 環境音(生活音)
スポンサーリンク

録音ソフト

Audacity

audacity

Audacityは無料で使える録音ソフトです。WindowsとMacのどちらでも使うことができますが、単純に録音するソフトなので、一部分だけ録音をやり直すことができません。一部分をやり直すには新しくトラックを作って録音して編集で差し替える作業が必要になります。

そして、音質を調整するEQ(イコライザー)がないので、書き出して別のソフトで調整することになります。

Cakewalk by BandLab

Cakewalk by Bandlab

Cakewalk by BandLab(ケークウォーク バイ バンドラボ)は、Windows(64bit版)専用のフリーソフトです。

かつて、SONARという名称で販売されていましたが、2018年にSONARの上位グレードと同じ機能を名称が変更されて無料で利用できるようになりました。付属している音源やプラグインは、そこまで多くありませんが、サードパーティのノイズなど除去するプラグインなどを組み込んで使うことができます。

また、一部分だけ録音をやり直すパンチイン録音などDAWで使える機能は一通りできるので、Audacityよりも実践的な録音をすることができます。

Adobe Audition

Adobe Audition

Adobe Audition は、サブスク(単体利用で月額3000円くらい)で使えるWindowsとMacの両方で使うことができる録音できるソフトです。

もともと、Adobe社が開発している映像編集ソフトに連携して音声を編集するソフトですが、映像にナレーションを入れることも考慮してあるので、単体で音声などが録音できるよになっています。

そして、ノイズ除去の機能や音質を調整するEQ(イコライザー)など簡単なエフェクターも内蔵しているので、ある程度は、Auditionだけで作業を完結させることもできます。

GarageBand

GarageBand

GarageBand(ガレージバンド)は、Mac専用のフリーソフトです。

演奏やナレーション、歌など音声を録音することや、ループされた音源を使って楽曲を作ることができるソフトです。ナレーションや歌などの音声は簡易的に音質を調整できる機能はありますが、ノイズなどを除去する機能やソフトを使うことはできません。

Macで録音して音質を調整したりノイズの除去などが不要であれば、使うことができる録音ソフトです。

Logic Pro X

logic pro x

Logic Pro X(ロジックプロ テン)は、Mac用の有料ソフトです。

価格は、¥24,000円ですが、2003年に発売されてから現在まで、何度もバージョンアップしてますが、今まで無料でアップグレードできていて、コスパが良い録音ソフトです。(他のDAWはアップグレードするときは費用が発生します。)

そして、プロも使っている録音ソフトなので、音質や機能面は安心です。

録音ソフトは、ソフトによって操作方法が変わってきますし、過去に保存したデータを開くには、同じソフトを使うしかないので、録音ソフトは一度選ぶと長く使えるソフトを選ぶと良いです。

Cubase

cubase

Cubase(キューベース)は、WindowsとMacの両方で使うことができる有料の録音できるソフトです。

ヤマハの子会社が開発したDAWなので、ヤマハの製品を購入すると簡易的なCubase AIが付属しています。有料で販売している Cubaseは、Cubase、Cubase Artist、Cubase Elements の3つのグレードがありますが、ナレーションや歌などを録音するのであれば、入門グレードである Cubase Elements で十分使うことができます。

そして、Cubase、Cubase Artist の上位2つのCubaseを使うにはドングル(ライセンスを保存したUSBメモリみたいなもの)が必要になります。ドングルがあれば、Cubaseをインストールしているパソコンに差し込めば、Windows、Macなど関係なく Cubase を使うことができます。

Steinberg(スタインバーグ)
\ブラックフライデー12/2まで/
Amazon

Pro Tools

pro tools first

Pro Tools(プロ ツールス)は、サブスク(月額3500円)で、WindowsとMacの両方で使うことができる録音できるソフトです。

レコーディングスタジオで主に使われているソフトで音声の録音が得意な録音ソフトです。無料で使える「Pro Tools First」もありますが、多くの機能が省かれて、データの保存が自分のパソコンかクラウドにしか保存できないので、他の人にデータ渡すにはクラウド経由で共有するか、データを書き出して渡すことしかできません。

そして、データはプロジェクトが3つまでしか保存できません。3つ以上のプロジェクトがある場合は、どれかプロジェクトを削除しないとデータを作って保存することができません。

Adobe Audition よりサブスクの月額料金は少し高いですが、Pro Tools を使っていると公表しておくと、データをそのまま使って編集したクライアントなどは、ナレーションなどの仕事をオファーされたことがあるので、サブスクでAdobe Audition を利用するより、Pro Tools を使う方がメリットあります。

スポンサーリンク

宅録ナレーションで使うソフトは、どれがいいのか?

宅録ナレーションで使うソフト

趣味などで使う録音ソフトは、どれがいいのか?

趣味や練習で音声を録音したり、ノイズ除去などが不要ならば無料の録音ソフトでいいと思います。しかし、長く使う場合や仕事で使うなら有料の録音ソフトがいいでしょう。

録音ソフトが、ソフトに寄って操作方法が違うので、操作を覚えるのが苦手な人は有料のソフトを購入して長く使い続ける方がよいでしょう。

Windowsの無料の録音ソフト
  • Audacity
  • Cakewalk by BandLab
  • Studio One Prime
  • Pro Tools First
Macの無料の録音ソフト
  • GarageBand
  • Audacity
  • Cakewalk by Bandlab
  • Studio One Prime
  • Pro Tools First

お仕事で使う録音ソフトは、何がいいのか?

有料ソフトはお仕事でナレーションを録音するなら、ネットなどでナレーションの仕事を受注するときにプロフィールに使っている機材やソフトなどを紹介することがよくあります。

プロフィールに有料のソフトを書いておくとクライアントが、発注先を選ぶとき1つ要素になります。もし、あなたが高音質なナレーションを発注したいとき、同じクオリティのナレーターが、たくさんいたら何を基準に選びますか?

それは、良質な機材を使っているのか?というのが、発注先を決める1つの条件にならないでしょうか。

宅録で良質な機材を使っているナレーターは、仕事に対する姿勢や高音質なナレーションができると期待できるので、仕事を受注できる可能性が高くなります。

フリーソフトより、有料ソフトを使うことは、実績が無かったり、大きな仕事を受注するには、大事なポイントになります。特に、Pro Tools は、レコーディングスタジオで使われてる録音ソフトなので、使っておいて間違いありません。

主な有料なDAW
  • Logic Pro X
  • Cubase
  • Studio One
  • Pro Tools

宅録ナレーションの録音ソフトのまとめ

宅録でナレーションを録音するソフトは、DAW(Digital Audio Workstation)を使って録音、編集、ミキシング、編曲など一連の作業ができるソフトが作業が1つのソフトで完結できるので、おすすめです。

そして、DAWの中でも「Pro Tools」はプロも使っている録音ソフトなので、録音ソフトとして最高のものになります。

Adobe Audition は、サブスクで単体だと月額3000円くらいですが、Pro Tools は、サブスクで月額3500円なので、本気で宅録ナレーションをやるなら、 Pro Tools をおすすめします。

録音ソフトが決まったら、次はオーディオインターフェイスを選ぶことになるでしょう。自宅でナレーションや歌を収録するためのオーディオインターフェイスの選び方から、おすすめのオーディオインターフェイスなど紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました