ディズニーリゾートで綺麗な写真が撮れる簡単カメラ設定

ディズニーリゾートで綺麗な写真が撮れる簡単カメラ設定カメラ

「一眼レフやミラーレスのカメラで簡単に素敵な写真を撮りたい」
「難しい事は分からないけど綺麗な写真を撮りたい」

そんな方へ向けて書いてます。

ディズニーリゾートに行って、思い通りの写真が撮れなくてガッカリした事ありませんか?
カメラの設定をが分からず、ブレれた写真が撮れた経験がありませんか?

そんな残念な事にならないよう、撮影するシーンに合わせて簡単な設定をすると失敗しない写真を撮ることができます。

以降でシーンごとの簡単な設定を紹介したいと思います。

パレードを撮影する時のカメラ設定

ディズニーパレードを撮影する時のポイントは「手ブレに気を付ける」事です。

パレードは、ダンスやキャラクターの動きが速いので流れやすくなり、ズームするとブレやすくなるので思ったような写真を撮る事できません。

ブレを解決するには「シャッタースピード優先モード」でシャッタースピードを速く設定すると解決できます。

シャッタースピード優先モードの設定方法

シャッタースピード優先モードに設定するには、モードダイヤルを「S」と書いてあるところに合わせます。(上の写真を参考に)

シャッタースピード設定の目安

シャッタースピードはできるだけ速い方がいいのですが、速すぎると写真が暗く写ってしまい、何が写ってるか分からなくてしまいます。
そこで、天候などの撮影する場所ごとに設定を決めると良いです。

天候シャッタースピード
晴れ1/800
くもり1/320
夜間1/125

上の表は、天候によるシャッタースピード設定の目安です。
最近のカメラは感度(ISO)が高く設定できるので、シャッタースピードが速くできやすいです。

それと、シャッタースピードの単位は秒で、1/800は1/800秒で速く、1/125は1/250秒になり遅くなります。

シャッタースピードのイメージ

晴れの時は明るいのでシャッタースピードを上げて完全にブレを防ぐようにしましょう。天気のいい晴れの日は800以上で設定できます。

くもりの時は、 晴れの時より 少し暗くなるのでシャッタースピードを遅くして、ブレに気を付けましょう。

夜間は、かなり暗いのでブレやすくなります。最低でも1/125秒くらいで設定して、できるだけ被写体に近寄るが理想です。

人物やキャラクターを撮るときの設定

キャラクターと撮影するときのポイントは、「背景をぼかさない」です。

ディズニーリゾートでは、かわいい建物と一緒にキャラクターを撮影することができるので、背景の建物をボケないように撮るのコツです。

そこで、「絞り優先モード」に設定して背景をぼかさないようにしましょう。

絞り優先モードの設定方法

モードダイヤルを「A」に合わせると絞り優先モードに設定されます。

絞りの目安

絞りはFという単位で、数値が低いほど明るく背景がボケやすくなり、逆に数値を上げると暗くなり背景がボケにくくなります。

絞り(F値)8~11

レンズにF2.8など刻印されていますが、それはレンズが明るく撮る事ができるかという性能です。

室内や夜間で暗いとき、絞りを開放(Fの値を下げる事)することで暗い場所でも撮影できますが、背景がボケやすくなるのでバランスが大事になります。

スマホで撮影するとき

アプリを使いましょう

iPhoneやAndroidでは、シャッタースピードや絞りを設定できるアプリを入れて設定しましょう。

最近のスマホのカメラは高性能なので一眼レフカメラと同じ設定で比較的近いことができます。

まとめ

「シャッタースピード」と「絞り」を覚えて使うことでイメージに近い写真を撮ることができるようになります。

カメラやレンズなどで少し設定値は変わる場合がありますが、慣れてくると設定値が分かってくるので思い通りの写真が撮れます。

たくさん撮ってイメージに近い写真を撮って、ディズニーリゾートを楽しんでください。

タイトルとURLをコピーしました